当社の特長

当社の特長

限りある資源、大切な自然を守り未来に伝えることは私たちの使命です。
そして企業にとっても永遠のテーマです。

環境破壊のイメージの高い建設工事において排出されるコンクリートガラ、アスファルトガラは、今ほとんど100%近くリサイクル材として利用されています。限りある資源をリサイクルして使う循環型社会への一歩として、建設業では早くから取り組んでいます。
地球資源と地域環境を大切にするというコンセプトを持ち、当組合は建設事業で発生する コンクリートガラ、アスファルトガラ、土砂を受け入れ再び建設資材として使える舗装用合材、路盤材あるいは、盛土用土砂として提供しています。
それらの製品については、品質試験員が厳格な品質管理を行い、いつでも高品質の製品を提供出来るようにしています。また、お客様のご要望に沿った各種試験の取り扱いや、製品の技術的な相談も受け付けております。

夜間休日自動出荷装置「おるすばん」

夾雑物除去装置「クリーンデッセイ」

環境対策

緑豊かな地域環境を意識し、ゆとりを持った仕事をします。

伊左地緑地として知られるこの地は、三方原台地から浜名湖につながる古き自然の姿を残しています。「森の水車」をシンボルにした公園もあり、市民の憩いの場になっています。豊かな自然に囲まれ、歴史の風を感じながらゆとりを持って仕事をすることも大事なことです。
こうした地域環境を大切にするため、環境保全に配慮した施設としています。

小さな命を守りたい。

さらに
●粉塵対策:破砕機械設備は建物の中に収め、集塵装置を設置しています。場内には散水施設を設け、出入りする車両に対する洗車装置も設置してあります。
●騒音対策:プラントは低騒音型設計で、防音建屋内に収納しています。
●大気汚染対策:プラントは規制基準以下の構造で設計されています。
●水質保持:事業系排水と雨水はペーハー調整槽を経て調整池に集め、その後河川に放流されます。

環境方針

西部合材リサイクルセンター協同組合は、エコアクション21認証登録企業です。エコアクション21ガイドラインに基づいた取り組みを行なっています。

基本理念

私たちは、環境への負荷を最小限に抑え、地域社会のより良い環境づくりに向け、積極的な活動を展開します。また、廃棄物処理業を通じて資源の有効活用と再資源化を推進し、社会への貢献を目指します。

行動方針

1. 適正な産業廃棄物処理体制を構築し、さらに改善を行い適正処理をします。又、受託した廃棄物の中間処理後の夾雑物についても再資源化を推進します。
2. 事業活動に伴うCO2排出量の削減を目指し、目標設定し、継続的改善に取り組みます。
3. 資源を大切にします。
4. 環境関連法規及び条例を遵守します。
5. 地域の環境保全活動への参加、また美化活動による地域への貢献をします。
6. 本方針の従業員への周知徹底を図り、環境システムの有効活用をします。
7. グリーン購入に心がけます。

制定日 平成21年11月16日
改定日 平成27年4月1日
西部合材リサイクルセンター協同組合

専務理事 鈴木 正志

西部合材リサイクルセンター協同組合
〒431-1111 
静岡県浜松市西区伊左地町1511-2
TEL.053-484-3820 
FAX.053-484-3821